ラポマインでコンプレックスを解消!

暑い季節に限らず、緊張した時やふとした時に汗はかいてしまうものです。

脇の下や胸の間、額や首の後ろ、背中など、汗腺が多くある箇所は特に汗をかいてしまうので、恥ずかしい思いをした事のある人は少ないと思います。

ここでは、汗を抑えて汗を気にせず過ごす方法をいくつかご紹介したいと思います。一番良いのはラポマインを塗ることです。そうすれば手っ取り早くコンプレックスを解消できますよ。

普段から汗を発散させる

嫌な汗というのは濃度が濃く、臭いを発しやすいものです。

この嫌な汗は、普段から運動や半身浴などで汗をかかないタイプの人に多く、臭いで悩んでしまう原因の一つがこの汗の濃度の濃さにあると言われています。

こんな汗にもラポマインは有効です。

このタイプの人には、普段から汗をしっかりと発散させ、汗の濃度を薄くさせる事をオススメします。
汗の濃度が薄いと臭いにくく、サラサラとした気持ちの良い汗になりますし、ここぞという時にかく汗の量は少なくなる筈です。

リラックス状態になる練習をする

人は緊張をしてしまうと身体の中が熱くなり、汗をかきやすくなってしまいます。
そうならない為にも汗をかきずらいリラックス状態になる練習をすれば良いのです。
その為にも“あまり気にし過ぎない”マインドが必要になります。

緊張をしてしまう事の裏には“相手にこう思われていたらどうしよう”という様な人から見た自分を意識してしまいがちです。

そうではなく、あくまで自分主体で構える事で相手を気にし過ぎてしまう事を防ぐ事が出来、結果緊張しなくて済む様になります。
他にも、もし緊張を感じた時には楽しい事を思い出す、移動時間にはリラックスする様な穏やかな音楽を聴く、規則正しい生活を心掛けてしっかり睡眠を取るという方法も有効です。

ラポマインさえ塗っておけばマインドなんて気にする必要はありません。

ラポマインやオドレミンを使用する

オドレミンは一般的に市販されている制汗剤の中でも、昔から薬局等で販売されていた“元祖・制汗剤”と言えますが、汗を抑える効果は抜群です。

塩化アルミニウムが含まれており、朝出勤前に汗の気になる箇所につける事で汗を抑える効果があり、多汗症で悩んでいる人にとても支持されている商品です。

それでもラポマインの方が全然効果は高いんですけどね。

このように汗を抑えるにはいくつもの方法が存在します。
悩んでいる人は実践してみると良いと思います。