日ごろからデリケートゾーンの臭いケアを意識するように

彼や配偶者にデリケートゾーンの臭いを指摘されてしまっては立ち直れませんよね、。
そんなことになることのないように、日ごろからデリケートゾーンの臭いケアを意識するようにしましょう。

デリケートゾーン用の石鹸がなどがまずはとても効果的です。普通の石鹸の汚れを落とす効果プラス消臭効果のあるミョウバンなどが配合されている
タイプなどがあります。そして、しっかりと泡立てることも大切です。デリケートゾーンは複雑な構造になっているので、柔らかい泡で洗い上げることで
隙間までしっかりと泡がとどいて、隅々まで優しく負担なく洗い上げることもできます。

ニオイが気になるからといって、決してゴシゴシと洗ってはいけません。逆に炎症してしまって、臭いがキツクなってしまう場合もありますので
優しく負担なく、泡で洗いましょう。

こんな日頃のちょっとしたことで、ニオイは結構軽減されるものです。

それでもニオイが軽減されない、指摘されてしまうときは、サプリメントなどもおすすめです。
乳酸菌の力でデリケートゾーンの臭いを抑えてくれたりするタイプなどがあります。

また、下着などもこだわりたいところです。ポリエステルなどの素材はあまり空気を通さないので蒸れてしまいがちです。
蒸れてしまうと、それも匂いの原因になってしまいます。なので、自然素材のコットンなどの下着を使うのもいいですね。
やはり、デリケートゾーンなどのデリケートな部分は天然素材がいいとおもいます。

また、おりものシートなどもうまく活用するのもいいですね。

生理の前や排卵期などはおりものが多くなります。おりものも、ニオイの原因になってしまうんです。
オーガニック系のおりものシートは少し高いですが、おすすめです。

また、2枚重ねになっているタイプなどがあります。ちょっとおりもが気になるな・・と思ったら、すぐに一枚はがして綺麗な状態にできます。
常に綺麗な状態と保つことができるのもで、ポーチの中に何枚か入れておくと安心ですよね。

脱毛をするとワキガが軽減する可能性がある

ワキガを防ぐには清潔を保つことが重要です。脱毛をするとワキを清潔に保ちやすくなり、ワキガが軽減する可能性があります。

ワキガの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗です。アポクリン幹線からの分泌物はもともと無臭なのですが、アンモニアなど臭いの原因になる物質が含まれています。アポクリン汗腺からの汗と酸化した皮脂が混ざり、皮膚の常在する菌が成分を分解することで臭いが生まれます。

ワキガを防ぐには、まず汗をこまめに拭いて清潔を保つことが重要です。ムダ毛があると毛に汗が吸収されて汗を拭きとりにくいですが、脱毛をすることで拭き取りやすくなり清潔を保てます。清潔になることで雑菌の繁殖を抑えられます。

脱毛をするとワキに汗を多くかくようになったと感じる方もいるようです。これは汗が皮膚を伝って流れるようになったからです。ムダ毛があったときは毛に汗がからまって皮膚を伝って流れることがなかったのですが、ムダ毛がなくなることで皮膚を伝って流れるようになり、汗を意識するようになって汗をたくさんかいているように感じるだけです。

脱毛サロンで行っている光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、毛にだけ作用する光を使用しており、幹線には作用しません。そのため、脱毛を受けて汗をかく量が増えることもありません。

ワキの脱毛をするならサロンやクリニックでプロに任せることがおすすめです。カミソリや毛抜きは費用が安くて、いつでも気が向いたときにできるので繰り返し行いがちです。しかし、何度も脱毛を繰り返していると、肌の負担が増えて黒ずみができてしまいます。サロンやクリニックの脱毛方法は肌への負担が少ないので、自己処理のように黒ずみができる心配がありません。

保湿ケアをしておくことも大切です。肌を乾燥から守って水分と油分のバランスを保つことで、過剰な皮脂分泌を抑えることができます。また、ワキの黒ずみやぶつぶつ予防にもなります。日ごろから保湿ケアをしておきましょう。

大腰筋は使えば使うほど脂肪燃焼できる

ダイエットする時に、脂肪を燃焼するわけですが、脂肪燃焼率が高い筋肉を使うのが効率的です。それでいて、日常生活とリンクしていれば、ながら運動をしてダイエットできます。

大腰筋をご存知でしょうか、ちょうど腰まわりにあり、腰の付け根にある大きな筋肉です。足を上げ下げする時に使う筋肉です。これは非常に大きな筋肉ですので使えば使うほど脂肪燃焼できます。

階段を上る時には必ず大腰筋を使います。歩いてる時でさえ大腰筋が弱いとしっかりと膝を上げられないのですり足になり見た目の姿勢も悪いです。この大腰筋を頻繁に使うには、室内だともも上げをすれば効果的です。簡単です。背筋をしっかりと伸ばし、視線は前方を向いた状態で、膝を腰よりも上に上げます。

下す時はゆっくりと大腰筋を使ってるのを意識しながらやります。もも上げを普段、やってない人なら交互に30回やるだけでも刺激十分です。もっと十分に効かすには、もも上げをする時に膝をお腹につけるぐらいまでやります。

とはいえ、室内でのトレーニングは継続できないと言う方は、やはり日常での階段です。一段飛ばしで上るとかよく聞きますが、これは大腰筋を非常に使いますから効果バツグンです。大腰筋を鍛えると下半身が安定しますから、ダイエットの相乗効果がでてきます。今までは小股でしか歩けなかったのが下半身の安定から大股で歩けるようになりますから、どっしりとウォーキングもできます。

下半身の他の筋肉も大いに使用でき脂肪の燃焼もUPします。外見からは大腰筋は見えませんが、大きな宝物が隠されてます。

普段、面倒くさがってエスカレーターやエレベーターを使ってしまいがちだと思いますが、心を鬼にして辛い階段も頑張って登るようにしてみましょう。1段上り始めれば案外苦もなく運動できますよ。

40代と50代の加齢臭の原因物質は違う!

40代の加齢臭は「ジアセチル」という物質が原因で、50代の加齢臭は「2-ノネナール」という物質が原因です。

40代の加齢臭であるジアセチルは近くの女性が気がつくほど強烈なもの。例えるとチーズのような臭いで、悪臭です。「腐った牛乳の臭い」と例えられることもあります。一方50代の加齢臭である2-ノネナールはそれほど不快な臭いではありません。

例えると父親の枕の臭いです。ただし妻などは洗濯する際に、枕を手に取るとこの加齢臭が、かなり気になるそうです。加齢臭対策をしていないと、知らないうちに幻滅されることになります。

40代の加齢臭であるジアセチルは、結論から言うと、汗を拭かないから臭います。体から出る汗には、同時に乳酸も汗と一緒に出ています。

この乳酸が、汗が蒸発したときに皮膚に残り、空気に触れて、酸化して悪臭を放つのです。さらにブドウ球菌が乳酸を分解するとジアセチルが発生します。これが臭う原因です。

そもそも乳酸が出てしまうのは、運動不足だったり、忙しすぎて睡眠不足などによる血行不良が原因です。頑張って働くお父さん自体に罪はありません。奥さんは夫のためにバランスの良い食事を摂らせると良いです。特に和食は豆腐を使うことが多く、抗酸化作用を期待することができます。

脂肪分が多い料理は加齢臭のもとです。コーヒーは皮脂を分泌させる効果があるので、加齢臭が酷くなります。実はコーヒーが好きな人ほど加齢臭は臭くなります。コーヒーが好きな人は残念ですけど飲み過ぎには注意しましょう。

服についたノネナールは洗濯ではなかなか落ちません。もし、加齢臭対策をしているのに、まだ加齢臭がする、という場合は服についたままの加齢臭物質が原因かもしれません。その場合はクリーニングに出したり、酵素用漂白剤や介護用洗剤を使って自宅で洗濯しましょう。

活性酵素が多い人ほど加齢臭もきつくなるので、活性酵素を減らすためにストレスを減らしましょう。ストレス解消方法を見つけることで、加齢臭が治まる場合があります。

筋トレは曜日ごとにトレーニングメニューを決めましょう

筋トレは毎日しても効果が出る訳ではありません。

効率よく体に聞かせるためには、毎日のトレーニングメニューを決める事です。

例えば

  • 月曜日には、肩のトレーニング(ショルダープレスなど)
  • 火曜日は二頭筋と三頭筋のトレーニング(バーベルカールや、トライセプスエクステンションなど)
  • 水曜日は下半身のトレーニング(スクワットやカーフレイズなど)
  • 木曜日は休みです。
  • 金曜日は胸のトレーニング(ベンチプレスや腕立て伏せなど)
  • 土曜日は背中のトレーニング(デッドリフトなど)
  • 日曜日は休みです。

各部位を毎日分けて動かす事によって、成長ホルモンが出る機会を増やすことが出来ますし、例えば毎日のように同じトレーニングを続けていても、それは負荷が少なく、毎日出来るくらいの軽いトレーニングなので、体を大きくしたかったり、スポーツを真剣に取り組んでいる方は、日にちで分けて運動することをお勧めします。

このようなトレーニングメニューはプロのスポーツ選手や、ボディビルダーなども日常的に行っています。

今日は二頭筋と三頭筋のみ、と考えるとトレーニングの時間も短くできますので、継続しやすいですし、何より効かせなければならない部分を意識出来るので、トレーニングの時は、自分が今何処に聞かせでいるのかを意識する必要があります。

例えばバーベルカールなら、限界まで持ち上がる重量で10回上がる重量を正しいフォームで3セット以上行います。

3セットのバーベルカールが終わると、重量を下げて、また3セット行います。こうして段々と重量を落として、もう腕が上がらないというところまで行います。

ポイントは腕のトレーニングの日なら、二頭筋と三頭筋、対になっている個所を同時に鍛えるこよって、激しいパンプアップを味わうことが来出ます。

一番大切なことは、自分が得意なトレーニングメニューを作る事です、好きな個所が見つかれば筋トレ自体が楽しくなりますし、自信にもつながります。

自分が好きなトレーニングメニューを一週間の間に多くこなすことによって、楽しみながら筋トレ出来るのが理想的です。

筋トレですっきり汗をかいたらラポマインで消臭するようにしておけば完璧ですね。

ワキガ対策に効果的なのがワキガ用クリームの選び方

ワキガ対策に効果的なのがワキガ用のクリームですが、さまざまな製品がありますよね。いろいろあるとどれがいいのか迷うと思います。効果が実感できるクリームはどのように選べばいいのでしょうか。

クリームの特徴

ワキガ対策グッズにはスプレーもあります。スプレーはシューっと吹きかけて清涼感がありますよね。手軽に使えるのも魅力です。しかし、スプレーはうまく使用しないと空気中に逃げてしまい、臭いを抑える効果が減少してしまいます。

クリームは直接肌に塗るので、しっかり密着させることができます。誰でも失敗せずに使用できます。

無香料

フローラル、緑茶などさまざまな香りのデオドランド製品がありますが、おすすめは無香料です。匂いがあるタイプは、ワキガの臭いを混ざって変な臭いになることがあります。無香料ならその心配がありません。

保湿成分配合

ワキガと保湿は関係ないように思うかもしれませんが、実は保湿が大切です。

肌が乾燥すると水分不足を補うように皮脂が分泌されます。皮脂が酸化して過酸化脂質になると臭いの原因になります。また、乾燥した肌は弱っていて皮膚の善玉菌が住みにくくなり、悪玉菌が繁殖しやすい状態になっています。

保湿をすることで過剰な皮脂の分泌が抑えられ、肌の状態が改善して善玉菌が住みやすく悪玉菌が住みにくい環境になります。

デオドランド製品で肌がかぶれたり荒れる方もいるようですが、保湿成分が配合されていると、かぶれなどの予防になります。

殺菌効果が高い

ワキガの原因は汗に含まれる成分を雑菌が分解して作りだすアンモニアやインドールなどの臭い物質です。殺菌をして雑菌の繁殖を抑えて臭いを予防します。

汗が分泌されなければ臭いも発生しないのでは?と思うかもしれませんが、制汗剤を使用しても夏はすぐに汗をかいてしまいます。制汗剤や汗が毛穴につまって肌トラブルになることもあります。

制汗剤を使用するよりも、殺菌作用があるものを使用した方が効果が期待できるのです。

汗の原因を探れば解決策が出る、コントロールできる

汗の発生を抑えることで周囲への被害を減らせるので重要になっています。ここでの問題は汗が臭いを放って他人を不愉快にさせることです。そういったケースが非常に多くなっていて制汗の大切さが話題を集めています。

汗には幾つもの原因があるために個人が努力して発見することができます。一般的な汗の原因は気温上昇や体の水分が異常に多くなっている時です。その条件に該当している人が大量の汗を発生させて他人などに気付かれるのです。

こういった汗を抑える方法は現実的な手段が多くなっています。水分がなければ汗が出ないというのが普通の人間の体です。しかしそういった状態を継続させると水分が欲しくなって危険です。現実的な汗の抑え方は上手く水分を残して涼しくなることです。

汗の発生がなくなってメリットになるのが臭いの消滅です。基本的には汗から嫌な臭いが発生して周囲に充満します。その主な原因を排除することで臭いも一緒に消し去ることができます。重要になっているのが服に残った汗を上手く処理しておくことです。

汗を大量に掻いている人は服に臭いや水分が吸収されています。こういった部分も汗の問題点になるので入念なチェックが必要です。汗を完全に排除する場合は服装を変更することが一つのポイントです。汗が残っているそれらを洗えば再び使用することも可能です。

このような手段で現代は汗の発生を抑えて原因を確認できます。汗の原因を見つければそれが解決のヒントになっていきます。具体的には汗を完全に洗って新鮮な体を取り戻せれば臭いが消えます。近年では体に残った汗も危険なのでチェックする人が多いです。

その他には人間のあらゆる感情の変化で汗が出るケースがあります。緊張や興奮で汗が出るというのは実際にある場面です。それに気温や水分量が重なって大量の汗へと発展していくのです。これらの問題は同時に幾つもの原因を持っていることを知るのが重要です。

今は汗をコントロールして周囲に影響を与えないことが理想です。

世界一栄養がない野菜には痩せる物質が含まれる

きゅうりは世界一栄養がない野菜としてギネスブックにのっています。やせるためにはビタミンやミネラルなどが必要です。栄養がないきゅうりを食べてもやせそうにありませんが、実はやせる物質を含んでいるのです。

ホスホリパーゼ

きゅうりにはホスホリパーゼという脂肪燃焼を促す物質が含まれています。脂肪燃焼には酵素の働きが必要なのですが、ホスホリパーゼは脂肪の燃焼を促す酵素で、食事からとることで脂肪燃焼が期待できます。きゅうりを食べてダイエットに成功したという方もいます。1年中手に入るので続けられます。

むくみ解消

体内に余分な塩分がたまると、血液濃度を一定に保つために体内の水分量が増加してむくみにつながります。塩分摂取量を控えたり、余分な塩分の排泄を促す成分を摂ることでむくみが解消します。

きゅうりにはカリウムとシトルリンというむくみ解消成分が含まれています。カリウムは塩分の排泄を促す成分、シトルリンは血流を良くする成分で流れがよくなることでむくみが解消されます。

薬膳ではウリ科の植物にむくみ解消効果があるとされています。

きゅうりの摂り方

ホスホリパーゼなど酵素の働きは、植物の細胞壁を壊すことで活性化されます。きゅうりをぽりぽり噛んで細かくするのは大変ですよね。効率的に酵素を摂るならすりおろすのがおすすめです。セラミックのおろし器は刃先が丸くて細胞を破壊できないので、先端がとがっている金属製のおろし金でおろします。100均でも販売されています。

酵素は時間が経つと活性が低下するので、おろしたらできるだけ早く食べます。

酵素は熱に弱く46度以上の熱を加えると活性が失われるので生で食べましょう。すりおろしたきゅうりで和え物を作ったり、サラダのドレッシングなどに利用できます。湯豆腐、納豆、魚料理、肉料理などさまざまな料理との相性がよいです。

1日の摂取目安量は1~2本です。一度にたくさん食べるよりも昼と夜など分けて食べるとよいです。

発酵食品で腸内環境を整える

発酵食品が話題になっています。

でも、これまであまり日本食に興味のなかった世代には目新しく映るのかもしれないのですが、実はこれらの食品は古くから日本の食卓でごく普通に食べられてきたものばかりです。

昔から食べられてきた日本古来の食材のよさを再認識して現代風にアレンジしたり、美味しく食べる工夫が沢山提案されていたりします。

ヘルシーでダイエット効果も期待できる日本食に、今世界が注目していることからも、その魅力がよくわかります。

ダントツの人気を誇る塩麹

塩麹は現在の発酵食品ブームの火付け役になった食材としても知られています。

米麹に水と塩を加えることで作られるのですが、塩の味の角が取れてまろやかになるため、塩の代わりに調味料として使用することで、減塩効果も期待できるというものです。

納豆がダイエットに効果的?

納豆は多くの家庭で今でも食べられ続けている代表的な発酵食品です。

かつて納豆がダイエットに効果的だという情報が放映されると、スーパーの店頭から納豆が姿をけしてしまうほどのブームを巻き起こしました。

今ではそのような極端な状況はなくなり、ごく普通に納豆コーナーには常に様々な種類の納豆が並んでいます。

御飯にかけて食べるというオーソドックスな方法から、納豆を使ったパスタやスープ、納豆トーストなど、様々なアレンジも紹介され、より身近に食べられるようになっています。

甘酒の魅力は

昔から滋養強壮に効果的だとされてきた甘酒。

でも、あの独特の味が苦手な人は少なくありませんでした。

しかしアミノ酸やビタミンが豊富で、冬のイメージがあったけれども夏でも美味しく飲める冷やし甘酒なども販売されるようになり、より身近に飲むことが出来るようになって、いまや美容に健康にダイエットにと多くのファンを持つ存在になっています。

これらの食材はいずれも日本で昔から親しまれて発酵食品です。

そして食物酵素をたっぷりと補給でき、腸内環境を整える効果があるものです。

結局の所、ダイエットを成功させるためには腸内環境を整えて便秘を解消し、不要なものを溜め込まないことが重要です。
そしてそのために大活躍してくれるのが発酵食品なのです。

汗を抑えるには痩せるのも効果的なので積極的に発酵食品を食べて行きましょう。

フラフープダイエットとラポマイン

フラフープダイエットは誰にでも出来て効果的な理想に近いダイエットです。
このダイエットがいかに優れているか他のダイエット方法と比較しながら書いていきます。

また、脇汗も目立つのでラポマインも一緒に塗っていくことをおすすめします。

お手軽にできる

フラフープダイエットに必要なのはフラフープ一個、値段にして1500円前後です。
そして、一個買えば基本的に買い替えは不要です。

スポーツジムが月5000円前後、ダイエットサプリが月3000円前後なのを考えると
非常に安く済むダイエットなのは間違いありません。

場所を取らないし軽い!

フラフープの重量は約300g。使わない時は壁やタンスに立てかけておけば邪魔にならず、家の床にもなんら負担はかけません。ダンベルやエアロバイクやその他家で使うスポーツ器具は放置するだけで畳が擦り切れ床がへこみますがフラフープなら大丈夫。

しかも、ダイエットに飽きて手放す時も燃えないゴミとして簡単に処分できます。

テレビを見ながら出来る!

フラフープは回すだけなので変な音は出ませんし、慣れれば回しながら前方を見る事が出来ます。

そう、ダイエットにおいて良く使われる「テレビを見ながらだって実行できるのです!」というものがフラフープダイエットならちょっと回すのに慣れた時点で本当に実行できるのです。

フラフープダイエットだからこそ、目線をテレビからほとんど動かさないまま運動が出来るのです。ただ、いくら家の中でもワキ染みができていたらみっともないのでラポマインを塗るのを忘れないようにしましょう。

実際簡単に痩せる!

フラフープを使った腰への運動はカービィダンスやチューブ運動やブートキャンプといったエアロビクス系の運動と同じ効果を持っており、本当に回すだけでダイエット効果を得られるのです。

最初は10回回すのにも苦労しますが、片足を半歩前に出し、回しやすい方向に向かって押す様に手で回してから腹筋で前へと送り出す様にする事を繰り返すうちに数日で100回以上回せる様になります。

ラポマインがあれば汗に気をとられることもありません。

まとめ

ダイエットにおいて楽をするというのは決して悪い事ではありません。楽だからこそ続けられるのです。
そして、フラフープは財布にも部屋の間取りにも心にも優しい楽ちんダイエットなのです。

なんとなくダイエットしたいけれど意思が続く自信が無いという人はフラフープとラポマインはいかがでしょうか。