世界一栄養がない野菜には痩せる物質が含まれる

きゅうりは世界一栄養がない野菜としてギネスブックにのっています。やせるためにはビタミンやミネラルなどが必要です。栄養がないきゅうりを食べてもやせそうにありませんが、実はやせる物質を含んでいるのです。

ホスホリパーゼ

きゅうりにはホスホリパーゼという脂肪燃焼を促す物質が含まれています。脂肪燃焼には酵素の働きが必要なのですが、ホスホリパーゼは脂肪の燃焼を促す酵素で、食事からとることで脂肪燃焼が期待できます。きゅうりを食べてダイエットに成功したという方もいます。1年中手に入るので続けられます。

むくみ解消

体内に余分な塩分がたまると、血液濃度を一定に保つために体内の水分量が増加してむくみにつながります。塩分摂取量を控えたり、余分な塩分の排泄を促す成分を摂ることでむくみが解消します。

きゅうりにはカリウムとシトルリンというむくみ解消成分が含まれています。カリウムは塩分の排泄を促す成分、シトルリンは血流を良くする成分で流れがよくなることでむくみが解消されます。

薬膳ではウリ科の植物にむくみ解消効果があるとされています。

きゅうりの摂り方

ホスホリパーゼなど酵素の働きは、植物の細胞壁を壊すことで活性化されます。きゅうりをぽりぽり噛んで細かくするのは大変ですよね。効率的に酵素を摂るならすりおろすのがおすすめです。セラミックのおろし器は刃先が丸くて細胞を破壊できないので、先端がとがっている金属製のおろし金でおろします。100均でも販売されています。

酵素は時間が経つと活性が低下するので、おろしたらできるだけ早く食べます。

酵素は熱に弱く46度以上の熱を加えると活性が失われるので生で食べましょう。すりおろしたきゅうりで和え物を作ったり、サラダのドレッシングなどに利用できます。湯豆腐、納豆、魚料理、肉料理などさまざまな料理との相性がよいです。

1日の摂取目安量は1~2本です。一度にたくさん食べるよりも昼と夜など分けて食べるとよいです。

発酵食品で腸内環境を整える

発酵食品が話題になっています。

でも、これまであまり日本食に興味のなかった世代には目新しく映るのかもしれないのですが、実はこれらの食品は古くから日本の食卓でごく普通に食べられてきたものばかりです。

昔から食べられてきた日本古来の食材のよさを再認識して現代風にアレンジしたり、美味しく食べる工夫が沢山提案されていたりします。

ヘルシーでダイエット効果も期待できる日本食に、今世界が注目していることからも、その魅力がよくわかります。

ダントツの人気を誇る塩麹

塩麹は現在の発酵食品ブームの火付け役になった食材としても知られています。

米麹に水と塩を加えることで作られるのですが、塩の味の角が取れてまろやかになるため、塩の代わりに調味料として使用することで、減塩効果も期待できるというものです。

納豆がダイエットに効果的?

納豆は多くの家庭で今でも食べられ続けている代表的な発酵食品です。

かつて納豆がダイエットに効果的だという情報が放映されると、スーパーの店頭から納豆が姿をけしてしまうほどのブームを巻き起こしました。

今ではそのような極端な状況はなくなり、ごく普通に納豆コーナーには常に様々な種類の納豆が並んでいます。

御飯にかけて食べるというオーソドックスな方法から、納豆を使ったパスタやスープ、納豆トーストなど、様々なアレンジも紹介され、より身近に食べられるようになっています。

甘酒の魅力は

昔から滋養強壮に効果的だとされてきた甘酒。

でも、あの独特の味が苦手な人は少なくありませんでした。

しかしアミノ酸やビタミンが豊富で、冬のイメージがあったけれども夏でも美味しく飲める冷やし甘酒なども販売されるようになり、より身近に飲むことが出来るようになって、いまや美容に健康にダイエットにと多くのファンを持つ存在になっています。

これらの食材はいずれも日本で昔から親しまれて発酵食品です。

そして食物酵素をたっぷりと補給でき、腸内環境を整える効果があるものです。

結局の所、ダイエットを成功させるためには腸内環境を整えて便秘を解消し、不要なものを溜め込まないことが重要です。
そしてそのために大活躍してくれるのが発酵食品なのです。

汗を抑えるには痩せるのも効果的なので積極的に発酵食品を食べて行きましょう。