日ごろからデリケートゾーンの臭いケアを意識するように

彼や配偶者にデリケートゾーンの臭いを指摘されてしまっては立ち直れませんよね、。
そんなことになることのないように、日ごろからデリケートゾーンの臭いケアを意識するようにしましょう。

デリケートゾーン用の石鹸がなどがまずはとても効果的です。普通の石鹸の汚れを落とす効果プラス消臭効果のあるミョウバンなどが配合されている
タイプなどがあります。そして、しっかりと泡立てることも大切です。デリケートゾーンは複雑な構造になっているので、柔らかい泡で洗い上げることで
隙間までしっかりと泡がとどいて、隅々まで優しく負担なく洗い上げることもできます。

ニオイが気になるからといって、決してゴシゴシと洗ってはいけません。逆に炎症してしまって、臭いがキツクなってしまう場合もありますので
優しく負担なく、泡で洗いましょう。

こんな日頃のちょっとしたことで、ニオイは結構軽減されるものです。

それでもニオイが軽減されない、指摘されてしまうときは、サプリメントなどもおすすめです。
乳酸菌の力でデリケートゾーンの臭いを抑えてくれたりするタイプなどがあります。

また、下着などもこだわりたいところです。ポリエステルなどの素材はあまり空気を通さないので蒸れてしまいがちです。
蒸れてしまうと、それも匂いの原因になってしまいます。なので、自然素材のコットンなどの下着を使うのもいいですね。
やはり、デリケートゾーンなどのデリケートな部分は天然素材がいいとおもいます。

また、おりものシートなどもうまく活用するのもいいですね。

生理の前や排卵期などはおりものが多くなります。おりものも、ニオイの原因になってしまうんです。
オーガニック系のおりものシートは少し高いですが、おすすめです。

また、2枚重ねになっているタイプなどがあります。ちょっとおりもが気になるな・・と思ったら、すぐに一枚はがして綺麗な状態にできます。
常に綺麗な状態と保つことができるのもで、ポーチの中に何枚か入れておくと安心ですよね。

脱毛をするとワキガが軽減する可能性がある

ワキガを防ぐには清潔を保つことが重要です。脱毛をするとワキを清潔に保ちやすくなり、ワキガが軽減する可能性があります。

ワキガの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗です。アポクリン幹線からの分泌物はもともと無臭なのですが、アンモニアなど臭いの原因になる物質が含まれています。アポクリン汗腺からの汗と酸化した皮脂が混ざり、皮膚の常在する菌が成分を分解することで臭いが生まれます。

ワキガを防ぐには、まず汗をこまめに拭いて清潔を保つことが重要です。ムダ毛があると毛に汗が吸収されて汗を拭きとりにくいですが、脱毛をすることで拭き取りやすくなり清潔を保てます。清潔になることで雑菌の繁殖を抑えられます。

脱毛をするとワキに汗を多くかくようになったと感じる方もいるようです。これは汗が皮膚を伝って流れるようになったからです。ムダ毛があったときは毛に汗がからまって皮膚を伝って流れることがなかったのですが、ムダ毛がなくなることで皮膚を伝って流れるようになり、汗を意識するようになって汗をたくさんかいているように感じるだけです。

脱毛サロンで行っている光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、毛にだけ作用する光を使用しており、幹線には作用しません。そのため、脱毛を受けて汗をかく量が増えることもありません。

ワキの脱毛をするならサロンやクリニックでプロに任せることがおすすめです。カミソリや毛抜きは費用が安くて、いつでも気が向いたときにできるので繰り返し行いがちです。しかし、何度も脱毛を繰り返していると、肌の負担が増えて黒ずみができてしまいます。サロンやクリニックの脱毛方法は肌への負担が少ないので、自己処理のように黒ずみができる心配がありません。

保湿ケアをしておくことも大切です。肌を乾燥から守って水分と油分のバランスを保つことで、過剰な皮脂分泌を抑えることができます。また、ワキの黒ずみやぶつぶつ予防にもなります。日ごろから保湿ケアをしておきましょう。

40代と50代の加齢臭の原因物質は違う!

40代の加齢臭は「ジアセチル」という物質が原因で、50代の加齢臭は「2-ノネナール」という物質が原因です。

40代の加齢臭であるジアセチルは近くの女性が気がつくほど強烈なもの。例えるとチーズのような臭いで、悪臭です。「腐った牛乳の臭い」と例えられることもあります。一方50代の加齢臭である2-ノネナールはそれほど不快な臭いではありません。

例えると父親の枕の臭いです。ただし妻などは洗濯する際に、枕を手に取るとこの加齢臭が、かなり気になるそうです。加齢臭対策をしていないと、知らないうちに幻滅されることになります。

40代の加齢臭であるジアセチルは、結論から言うと、汗を拭かないから臭います。体から出る汗には、同時に乳酸も汗と一緒に出ています。

この乳酸が、汗が蒸発したときに皮膚に残り、空気に触れて、酸化して悪臭を放つのです。さらにブドウ球菌が乳酸を分解するとジアセチルが発生します。これが臭う原因です。

そもそも乳酸が出てしまうのは、運動不足だったり、忙しすぎて睡眠不足などによる血行不良が原因です。頑張って働くお父さん自体に罪はありません。奥さんは夫のためにバランスの良い食事を摂らせると良いです。特に和食は豆腐を使うことが多く、抗酸化作用を期待することができます。

脂肪分が多い料理は加齢臭のもとです。コーヒーは皮脂を分泌させる効果があるので、加齢臭が酷くなります。実はコーヒーが好きな人ほど加齢臭は臭くなります。コーヒーが好きな人は残念ですけど飲み過ぎには注意しましょう。

服についたノネナールは洗濯ではなかなか落ちません。もし、加齢臭対策をしているのに、まだ加齢臭がする、という場合は服についたままの加齢臭物質が原因かもしれません。その場合はクリーニングに出したり、酵素用漂白剤や介護用洗剤を使って自宅で洗濯しましょう。

活性酵素が多い人ほど加齢臭もきつくなるので、活性酵素を減らすためにストレスを減らしましょう。ストレス解消方法を見つけることで、加齢臭が治まる場合があります。

ワキガ対策に効果的なのがワキガ用クリームの選び方

ワキガ対策に効果的なのがワキガ用のクリームですが、さまざまな製品がありますよね。いろいろあるとどれがいいのか迷うと思います。効果が実感できるクリームはどのように選べばいいのでしょうか。

クリームの特徴

ワキガ対策グッズにはスプレーもあります。スプレーはシューっと吹きかけて清涼感がありますよね。手軽に使えるのも魅力です。しかし、スプレーはうまく使用しないと空気中に逃げてしまい、臭いを抑える効果が減少してしまいます。

クリームは直接肌に塗るので、しっかり密着させることができます。誰でも失敗せずに使用できます。

無香料

フローラル、緑茶などさまざまな香りのデオドランド製品がありますが、おすすめは無香料です。匂いがあるタイプは、ワキガの臭いを混ざって変な臭いになることがあります。無香料ならその心配がありません。

保湿成分配合

ワキガと保湿は関係ないように思うかもしれませんが、実は保湿が大切です。

肌が乾燥すると水分不足を補うように皮脂が分泌されます。皮脂が酸化して過酸化脂質になると臭いの原因になります。また、乾燥した肌は弱っていて皮膚の善玉菌が住みにくくなり、悪玉菌が繁殖しやすい状態になっています。

保湿をすることで過剰な皮脂の分泌が抑えられ、肌の状態が改善して善玉菌が住みやすく悪玉菌が住みにくい環境になります。

デオドランド製品で肌がかぶれたり荒れる方もいるようですが、保湿成分が配合されていると、かぶれなどの予防になります。

殺菌効果が高い

ワキガの原因は汗に含まれる成分を雑菌が分解して作りだすアンモニアやインドールなどの臭い物質です。殺菌をして雑菌の繁殖を抑えて臭いを予防します。

汗が分泌されなければ臭いも発生しないのでは?と思うかもしれませんが、制汗剤を使用しても夏はすぐに汗をかいてしまいます。制汗剤や汗が毛穴につまって肌トラブルになることもあります。

制汗剤を使用するよりも、殺菌作用があるものを使用した方が効果が期待できるのです。