筋トレは曜日ごとにトレーニングメニューを決めましょう

筋トレは毎日しても効果が出る訳ではありません。

効率よく体に聞かせるためには、毎日のトレーニングメニューを決める事です。

例えば

  • 月曜日には、肩のトレーニング(ショルダープレスなど)
  • 火曜日は二頭筋と三頭筋のトレーニング(バーベルカールや、トライセプスエクステンションなど)
  • 水曜日は下半身のトレーニング(スクワットやカーフレイズなど)
  • 木曜日は休みです。
  • 金曜日は胸のトレーニング(ベンチプレスや腕立て伏せなど)
  • 土曜日は背中のトレーニング(デッドリフトなど)
  • 日曜日は休みです。

各部位を毎日分けて動かす事によって、成長ホルモンが出る機会を増やすことが出来ますし、例えば毎日のように同じトレーニングを続けていても、それは負荷が少なく、毎日出来るくらいの軽いトレーニングなので、体を大きくしたかったり、スポーツを真剣に取り組んでいる方は、日にちで分けて運動することをお勧めします。

このようなトレーニングメニューはプロのスポーツ選手や、ボディビルダーなども日常的に行っています。

今日は二頭筋と三頭筋のみ、と考えるとトレーニングの時間も短くできますので、継続しやすいですし、何より効かせなければならない部分を意識出来るので、トレーニングの時は、自分が今何処に聞かせでいるのかを意識する必要があります。

例えばバーベルカールなら、限界まで持ち上がる重量で10回上がる重量を正しいフォームで3セット以上行います。

3セットのバーベルカールが終わると、重量を下げて、また3セット行います。こうして段々と重量を落として、もう腕が上がらないというところまで行います。

ポイントは腕のトレーニングの日なら、二頭筋と三頭筋、対になっている個所を同時に鍛えるこよって、激しいパンプアップを味わうことが来出ます。

一番大切なことは、自分が得意なトレーニングメニューを作る事です、好きな個所が見つかれば筋トレ自体が楽しくなりますし、自信にもつながります。

自分が好きなトレーニングメニューを一週間の間に多くこなすことによって、楽しみながら筋トレ出来るのが理想的です。

筋トレですっきり汗をかいたらラポマインで消臭するようにしておけば完璧ですね。