ワキガ対策に効果的なのがワキガ用クリームの選び方

ワキガ対策に効果的なのがワキガ用のクリームですが、さまざまな製品がありますよね。いろいろあるとどれがいいのか迷うと思います。効果が実感できるクリームはどのように選べばいいのでしょうか。

クリームの特徴

ワキガ対策グッズにはスプレーもあります。スプレーはシューっと吹きかけて清涼感がありますよね。手軽に使えるのも魅力です。しかし、スプレーはうまく使用しないと空気中に逃げてしまい、臭いを抑える効果が減少してしまいます。

クリームは直接肌に塗るので、しっかり密着させることができます。誰でも失敗せずに使用できます。

無香料

フローラル、緑茶などさまざまな香りのデオドランド製品がありますが、おすすめは無香料です。匂いがあるタイプは、ワキガの臭いを混ざって変な臭いになることがあります。無香料ならその心配がありません。

保湿成分配合

ワキガと保湿は関係ないように思うかもしれませんが、実は保湿が大切です。

肌が乾燥すると水分不足を補うように皮脂が分泌されます。皮脂が酸化して過酸化脂質になると臭いの原因になります。また、乾燥した肌は弱っていて皮膚の善玉菌が住みにくくなり、悪玉菌が繁殖しやすい状態になっています。

保湿をすることで過剰な皮脂の分泌が抑えられ、肌の状態が改善して善玉菌が住みやすく悪玉菌が住みにくい環境になります。

デオドランド製品で肌がかぶれたり荒れる方もいるようですが、保湿成分が配合されていると、かぶれなどの予防になります。

殺菌効果が高い

ワキガの原因は汗に含まれる成分を雑菌が分解して作りだすアンモニアやインドールなどの臭い物質です。殺菌をして雑菌の繁殖を抑えて臭いを予防します。

汗が分泌されなければ臭いも発生しないのでは?と思うかもしれませんが、制汗剤を使用しても夏はすぐに汗をかいてしまいます。制汗剤や汗が毛穴につまって肌トラブルになることもあります。

制汗剤を使用するよりも、殺菌作用があるものを使用した方が効果が期待できるのです。