脱毛をするとワキガが軽減する可能性がある

ワキガを防ぐには清潔を保つことが重要です。脱毛をするとワキを清潔に保ちやすくなり、ワキガが軽減する可能性があります。

ワキガの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗です。アポクリン幹線からの分泌物はもともと無臭なのですが、アンモニアなど臭いの原因になる物質が含まれています。アポクリン汗腺からの汗と酸化した皮脂が混ざり、皮膚の常在する菌が成分を分解することで臭いが生まれます。

ワキガを防ぐには、まず汗をこまめに拭いて清潔を保つことが重要です。ムダ毛があると毛に汗が吸収されて汗を拭きとりにくいですが、脱毛をすることで拭き取りやすくなり清潔を保てます。清潔になることで雑菌の繁殖を抑えられます。

脱毛をするとワキに汗を多くかくようになったと感じる方もいるようです。これは汗が皮膚を伝って流れるようになったからです。ムダ毛があったときは毛に汗がからまって皮膚を伝って流れることがなかったのですが、ムダ毛がなくなることで皮膚を伝って流れるようになり、汗を意識するようになって汗をたくさんかいているように感じるだけです。

脱毛サロンで行っている光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、毛にだけ作用する光を使用しており、幹線には作用しません。そのため、脱毛を受けて汗をかく量が増えることもありません。

ワキの脱毛をするならサロンやクリニックでプロに任せることがおすすめです。カミソリや毛抜きは費用が安くて、いつでも気が向いたときにできるので繰り返し行いがちです。しかし、何度も脱毛を繰り返していると、肌の負担が増えて黒ずみができてしまいます。サロンやクリニックの脱毛方法は肌への負担が少ないので、自己処理のように黒ずみができる心配がありません。

保湿ケアをしておくことも大切です。肌を乾燥から守って水分と油分のバランスを保つことで、過剰な皮脂分泌を抑えることができます。また、ワキの黒ずみやぶつぶつ予防にもなります。日ごろから保湿ケアをしておきましょう。